【キンコン西野 絵画の画像】200万円で売却の作品!ボールペンで描く?

Ad by google

とても多才なキングコング西野亮廣さん。
ニューヨークで個展を開催する程、評価には高いものがあります。
そんな西野さんの絵画がこの度、200万円・120万円で売却されました。
どのような絵画なのでしょう。
そして絵を描き始めたきっかけと、ボールペンで描いているという驚くべき情報に
どんなボールペンで描いているのか調べてみました。

売却された絵画(画像)

まず1点目は、西野亮廣さんご自身の著書である 「グッド・コマーシャル」
こちらの表紙を飾ったオリジナルの原画です。
20140308001
出典:http://nishino.thebase.in

「グッド・コマーシャル」 表紙の原画
200万円で売却

もうすごすぎますね。
これがお笑い芸人の方が描かれたものだというから驚きです。
とても繊細であり、かつメルヘンチックで想像膨らむ作品です。

 

そして、2点目。
こちらも西野亮廣さんご自身の著書、
「嫌われ西野、ニューヨークへ行く!」の表紙、
オリジナルの原画です。20140308002
出典:http://nishino.thebase.in

「嫌われ西野、ニューヨークへ行く!」 表紙の原画
120万円で売却

こちらもとてもメルヘンチックな作品です。
今にも動き出しそうな、石畳の細かさにビックリしました。
西野さんの作品は、微妙な濃淡が深みを生み出しているような気がします。
 

絵を描き始めたきっかけは?

絵をかき始めたきっかけは、なんとこの方。
20140308003出典:http://www.1101.com

今から7~8年ほど前に、タモリさんから 「絵を描きなさい」 と言われたとか。
それがきっかけとなり、絵を描くようになったそうです。
 

使用しているボールペンは?

西野さんは、ボールペンで絵を描いていることでも有名です。
しかも何本も使用するのではなく、たった1本だけで仕上げているそうです。
そのボールペンがこちら。

2014030800420140308005出典:http://item.rakuten.co.jp

コピック マルチライナー 0.03mm (ブラック)
参考価格:210円(税込)

この0.03mm、1本だけとは本当に驚きです。
こちらも極細ではありますが、西野さんは0.01mmが欲しいとか。
ほとんどインクが出なくなったペンも、細い線や薄い線を描くために使用しているそうです。

 

西野さんは、本当にたくさんの肩書をお持ちの方ですね。
ただ単にいろんなことをやられている、というのではなく、
極めている、独自性が強いことに感心します。
これからどんなことに挑戦していくのでしょうか。
今後の西野さんの活動に注目ですね。

Ad by google