【快眠方法】夏の熱帯夜も寒い冬にも簡単・短時間でできる快眠方法は?

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

快眠方法が気になります。
よい睡眠を得られず、寝つきが悪いと次の日に影響するだけでなく、
快眠できるということは、健康な身体を作ることにもつながります。
そこで、簡単で短時間でできる快眠方法をご紹介します。
夏の熱帯夜も寒い冬にも是非お試しください。
快眠方法を意識して、生活に取り入れることで、
規則正しいリズムを刻みたいですね。

 

睡眠について いろいろな説がある

20160121000
出典:https://pixabay.com

睡眠については、いろいろな説があります。
これまで私もTV等で「以前聞いたことと違うな」と思うこともしばしば。
しかし、どれも間違だということではなく、
自分に合ったもの、自分の身体と相談しながら合うものを取り入れること、
が大切なのだと感じるようになりました。

【1日8時間は寝ましょう】
昼間に眠くならないのであれば、
適切な睡眠がとれている証拠。
年を重ねれば、睡眠時間も減ってきます。

【12時までには寝ましょう】
この時間を意識するあまり、寝られなくなった経験、
皆さんもあるのではないでしょうか。
眠くなったら自然な流れで就寝の準備をすることで、
焦らずゆっくり睡眠に入ることができます。

【早寝早起きをしましょう】
早寝早起きは、生活のリズムを作る上では
とても良いことです。
これは、早寝早起きを無理にするのではなく、
早寝をするから早起きができるということで、
自然な目覚めが大切だということなのです。

 

快眠方法 簡単・短時間でできること

20160121001
出典:http://www.tadapic.com

快眠方法は、寝るまでの工夫や過ごし方が重要です。
意識することで習慣化していけば、
本当に簡単に短時間でできること間違いなし。

【部屋の明るさを徐々に暗くしましょう】
就寝2時間前くらいから暗くすることを意識することで、
脳の興奮や交感神経の活動を低下させることができます。
明かりは暖色系の照明がお勧め。

【スマホを見ない】
寝る直前までスマホでゲームをされる方も
多いのではないでしょうか。
眠りをサポートしてくれるメラトニンは、
ブルーライトで半減すると言われています。
就寝の1時間前にはスマホを離し、
どうしてもの時は、顔を画面からできるだけ遠ざけましょう。

【日中に適度な運動を】
特別な運動ということではありません。
エレベーターを使わず階段を使用する、
少し遠回りして歩いてみる等、
ちょっとしたことの積み重ねで構いません。
適度な疲労感は、よい睡眠につながります。

例えば、高級な寝具に買い替えるとか、
オーダーメイドの枕にするとか、
お金をかければ環境はいくらでも整えることができます。
しかし、意識というものを変えることが最も重要だと思うのです。

…………………………………………………………………………………………………………

今回は、お金をかけず、簡単に短時間でできること、をご紹介しました。
コツコツ毎日続けることで、必ず変化が起こるはずです。
健康体を目指しましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google