【お迎えです。ドラマ化】キャストは?田中メカの大人気漫画文庫が実写化!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

お迎えです。のドラマ化、実写化が決定し、
キャストは誰?と話題になっています。
ドラマ化、実写化の際に必ず注目されるキャストですが、
キャスト次第ではドラマを観ないというファンもいる程、
キャスト選びはドラマの視聴率をも左右する鍵となっています。
関心の高まっている田中メカさん作の漫画文庫、
お迎えです。のキャストに迫ります。

 

「お迎えです。」のキャストは?

20160123001
出典:http://www.amazon.co.jp

あの世の会社GSG(極楽送迎)の社員に出会う、
主人公・堤 円(つつみ まどか)。
この世に未練があるとされる霊をあの世に送り届けるバイトをすることに。
笑える、そして時にはほろりと涙するようなストーリー。

 

そんな「お迎えです。」のキャストが発表されました。

20160123014
出典:http://www.cinemacafe.net
福士くんや太鳳ちゃんの真っ直ぐな目は、主人公たちそのもの。
と絶賛の高明希プロデューサー。

 

20160123011
出典:http://www.asahi.com
堤円 役・・・福士蒼汰さん

 

20160123012
出典:http://matome.naver.jp
阿熊幸 役・・・土屋太鳳さん

 

20160123013
出典:http://natalie.mu
「今をときめくおふたりにメインを張っていただけて光栄!」と田中メカさん。

 

ついに全キャストが発表されました!

20160123026
出典:http://mantan-web.jp
ナベシマ 役・・・鈴木亮平さん

 

20160123015
出典:http://hamada.cocojapan.co.jp
ゆずこ 役・・・濱田ここねさん

 

20160123016
出典:http://news.nicovideo.jp
緒川千里 役・・・門脇麦さん

 

20160123017
出典:http://girlschannel.net
堤由美子 役・・・石野真子さん

 

編集部
出典:http://www.nikkan-gendai.com
堤郁夫 役・・・大杉漣さん

 

20160123021
出典:http://eiga.com
堤さやか 役・・・大友花恋さん

 

20160123019
出典:http://nobulg.com
シノザキ 役・・・野間口徹さん

 

20160123020
出典:http://www.sma.co.jp
加藤孝志 役・・・森永悠希さん

 

20160123022
出典:http://www.oricon.co.jp
マツモト 役・・・根岸拓哉さん

 

20160123023
出典:http://mdpr.jp
魔百合 役・・・比留川游さん

 

20160123024
出典:http://ameblo.jp
真奈美 役・・・松川星さん

 

20160123025
出典:http://escape-t.jp
佳織 役・・・小林璃央さん

 

キャスト次第では観ない!と言うファンもいる程、
原作のイメージを大切に選ばないといけない配役ですね。

 

「お迎えです。」 特設サイト開設

20160123000
出典:http://www.hakusensha.co.jp

お迎えです。は、田中メカさん作の漫画作品。
白泉社「LaLa」にて、1999年3月号~2002年3月号で
22話が連載されています。

花とゆめコミックス全5巻・白泉社文庫全3巻が発行されており、
20016年「LaLa」4月号にて、続編の連載がスタートすることも決定しました。

そして、話題となっているドラマ化・実写化も決まり、
特設サイトもオープンしています。
「お迎えです。」 ドラマ化・実写化 特設サイトはこちら

 

「お迎えです。」 ドラマCDが?

20160123007
出典:http://www.amazon.co.jp

田中メカさんが書き下ろしのオリジナル・ストーリーを収録した
「お迎えです。ドラマCD」。

こちら、遊び心満載でとても評価が高かったのだそう。
声優さんは、
石田彰さん(堤円)、置鮎龍太郎さん(ナベシマ)
南央美さん(ゆずこ)、雪乃五月さん(阿熊幸)
久川綾さん(緒川千里)、伊藤健太郎さん(津田)
岩田光央さん(部長)、陶山章央さん(市橋)らが務めました。

原作と合わせてファンがお勧めされているドラマCD、
ドラマが始まる前に聴いてみたいですね。

…………………………………………………………………………………………………………
「お迎えです。」は、評価が高く、ドラマ化・実写化を望んでいたファンも多いとか。
注目したいのは、ほろりと泣けるというシーン。
霊たちに生前の未練を解決させ、霊界へ進んでもらうということで、
生きるという意味を考え、向き合った方も多いようです。
実は奥深い「お迎えです。」。
ドラマ化・実写化が楽しみですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google