【べっぴんさんのモデルは?】NHK朝ドラのヒロインすみれは実在した坂野惇子でファミリアの創業者!

芸能 ・TV ・ドラマ

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

NHK朝ドラのべっぴんさんのヒロインすみれ。
すみれは実在した坂野惇子さんがモデルです。
坂野惇子さんは、子供服ブランドファミリアの創業者。
この子供服ブランドファミリアは、皇室御用達としても知られています。
そんなファミリアの創業者である
坂野惇子さんの生涯を描いたべっぴんさん。
坂野惇子さんは一体、どんな方だったのでしょうか。

 

NHK朝ドラ べっぴんさんのモデル 坂野惇子さんとは?

20160216001
出典:https://www.familiar.co.jp

子供服ブランド「ファミリア」の創業者である坂野惇子さん。
戦後、子供服作りの会社を起業し、
子供服ブランドのパイオニア的存在となりました。
2005年、87歳にてこの世を去りましたが、
坂野惇子さんの子供服への情熱は、
今でも多くの人へ影響を与えていると言われています。

 

坂野惇子さんの生涯

20160216002
出典:http://www.kobe-np.co.jp

1918年(大正7年)4月11日生まれ。
父親はレナウンの創業者であり、元貴族院議員であった佐々木八十八。
末娘として生まれた坂野惇子さん。
裕福な家で生まれ育ちますが、戦争で全てを失います。

幼馴染より  「自分で仕事をし、生きていく労働者になりなさい」
父より  「健康にさえ気をつけてくれるなら、誰も皆働くのはいいことだと思う」

こんな言葉に後押しされながら、子供を家で見ながらできる洋裁を選び、
近所の人達に頼まれて子供の洋服を縫うことから仕事を始めます。

 

20160216003
出典:https://www.familiar.co.jp

1948年、戦後3年目、モトヤ靴店の中に2台の陳列ケースだけの
ファミリアの前身となる「ベビーショップ・モトヤ」が誕生しました。

衣料品が乏しい時代、異彩を放っていた彼女達の作品。
素材だけでも値打ちがあるものを使用していた上に、
洗っても色落ちしない等、たちまち評判となり、口コミで広がっていきます。

そうして軌道に乗ってきたベビーショップ・モトヤは、独立店舗へと移転し、
その後、隣接する角地の店舗の撤退をきっかけに、
会社組織とし、本格的に事業化することとなります。

1950年4月20日、株式会社ファミリアが創業し、
坂野惇子さんは代表取締役に就任します。

「愛情品質」を合言葉とし、これまで60年以上愛され続けているファミリア。
皇室御用達ブランドとしても、その名を馳せています。

 

現ファミリア社長は、孫の岡崎忠彦さん

20160216004
出典:http://www.kobe-np.co.jp

「いつかおばあちゃんのドラマを作ってほしかった」
という、現ファミリア社長の孫の岡崎忠彦さん。

とてもおばあちゃん子だったとのこと。
「センスの良しあしは祖母から教えてもらった」と懐かしんでいたそうです。

 

そんな坂野惇子さんの生涯を描いたNHK朝ドラ「べっぴんさん」。
どんなドラマになるのか楽しみです。

…………………………………………………………………………………………………………
全てを失った戦後にゼロから、しかも女性が立ち上がっていくのは数多くの困難を要したでしょう。
坂野惇子さんからは、ベビー服にかける情熱で生涯を駆け抜けていった、そんな印象を受けました。
女性の社会進出の模範的存在、坂野惇子さん。
女性が社会で生きやすくなった現在、坂野惇子さんのような方がいたことを忘れてはいけませんね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google