【母の日 メッセージのコツ】母や義理の母が感動のメッセージカードの例文や感謝を伝える文例!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

母の日にはメッセージカードで感動させたい。
感謝の気持ちをメッセージカードに込めましょう。
しかし、毎年のこととなると、同じようなメッセージになることもあり、
例文や文例を参考にすることもあるでしょう。
メッセージカードを書く際にはコツやポイントがあります。
そのコツやポイントをしっかりおさえてメッセージカードを仕上げましょう。

 

母の日のメッセージカードのコツ

20160309001
母の日のメッセージカードのコツは、
「エピソードを加える」ということです。

例えば読書感想文を思い出してみてください。
単に「おもしろかった」 「楽しかった」 だけでは、
決して魅力的な感想文とは言えませんでした。

お手本とされる感想文には、
「どうしておもしろかったのか」
「どうして楽しかったのか」
WHYの部分が書かれてあったはずです。

母の日のメッセージカードも同じです。
「どうしてありがとうを伝えたいのか」
「何を感謝しているのか」 ということを考え、
それを「エピソードとして振り返り記す」 ことが大事なのです。

 

エピソードを加えたメッセージカードの文例・例文

20160309002
【いろいろ教えてくれてありがとう】だけでなく・・・
お母さんに教えてもらった○○というお料理が、すごくおいしく評判でした。
これからもたくさん勉強させてください。

※教えてもらったことや内容が何なのか具体的に記す

 

【手伝ってくれてありがとう】だけでなく・・・
バタバタしていて寝込んでしまった時に
ご飯の準備や洗濯を手伝ってくれたこと、本当に感謝しています。
いつもとても助かっています。

○○(子供)が風邪をひいた時、私が看病に集中できるよう、
いろいろ助けてくださり、ありがとうございました。
居てくれるだけで、とても心強かったです。

※どんなシチュエーションで何を手伝ってもらったのか、
 助けてもらったのかを具体的に記す

 

【頼りにしています】だけでなく・・・
お母さんの○○というアドバイスがとてもためになり、
○○という風に考えられるようになりました。
これからも頼りにしています。

困った時にいろいろ質問してしまう私に、
いつも的確な答えをくださり、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

※実際どんな効果があったのか、
どんな気持ちになったのか
を具体的に記す

 

このようにエピソードを具体的に記した文章にすると、
毎年同じになることはないでしょう。

それに書くことを気構えず、自然体な文章になり、
気持ちがストレートに伝わる気がします。

あなたにしか書けないメッセージカードを贈って、感謝の気持ちを伝えましょう。

…………………………………………………………………………………………………………
メッセージを書くのが苦手な人、時間のかかる人、たくさんいらっしゃるかと思います。
でも、伝えたい気持ちを素直に書けばいいだけです。
あれこれ考えて、格好のいいものにしようとせず、自然体で書いてみてください。
不器用でも自分の言葉に意味があるのではないでしょうか。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google