【重版出来 ドラマのあらすじ】意味や読み、試し読みも気になる漫画が人気でドラマ化!

芸能 ・TV ・ドラマ

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

重版出来がドラマになり、あらすじが気になります。
そもそも重版出来とはどんな意味で、なんと読むのでしょうか。
重版出来は「じゅうはんしゅったい」と読みます。
松田奈緒子さん原作で、月刊!スピリッツ(小学館)にて連載中の漫画。
あらすじも気になるこちらの漫画は、試し読みしたい人も急増中。
そんな重版出来のドラマあらすじに迫ります。

 

重版出来の意味や読み方は?

20160314001
重版出来とは「じゅうはんしゅったい」と読みます。

意味は、初版の発行部数を上回り、更に発行することを表す言葉。
重版するくらいの出来で、読者に支持され売れた作品である、というもの。

 

 

ドラマ重版出来のあらすじとは?

20160314000
出典: http://www.tbs.co.jp

「本気で仕事するって、カッコいい。生きるって、素晴らしい」がテーマのこのドラマ。

2014年日本経済新聞にて「仕事マンガランキング」1位を獲得しており、
非常に期待値の高いドラマとなっています。

このドラマ、週刊コミック誌の編集部が舞台。
日々、漫画家を支える編集者達。
そんな彼らは「一冊の漫画が人生を変える」と、
多くの人にそれを届けたい一心でひたむきに仕事に取り組んでいます。
そう「重版出来」させたい、そんな思いの詰まった場所に
主人公である新人編集者の黒沢心(演:黒木華)が入社してきます。

心は先輩編集者 五百旗頭(演:オダギリジョー)からイロハを学びます。
個性的な編集部の面々に加わりながら、重版出来させるための
地道な活動を目にしていくのです。

そして「私も重版出来させたい」とい思いに駆られていくのです。

しかし、出版業界は甘くはありません。
電子書籍化による紙媒体の衰退、部数低下による廃刊等、
厳しい現実を目の当たりにしたり、
看板漫画家の突然の引退宣言ライバル誌エンペラーからの引き抜き話等、
たくさんの逆境も待ち受けています。

果たして心らバイブス編集部は、青年誌1位を獲得することができるのでしょうか

 

 

重版出来の試し読みが気になる!

20160314002
出典:http://www.amazon.co.jp

松田奈緒子さん原作の重版出来。
こちら試し読みをすることができます。
試し読みはこちらから

キャストを見るだけでもワクワクするこのドラマ重版出来。
逆境をどう乗り越えていくのかも見どころです。

…………………………………………………………………………………………………………
普段は決して見ることのできない編集部という裏方。
そんな編集者の皆さんの仕事に触れることができるのも、このドラマの魅力です。
今、自分の目の前にある1冊の漫画が、どれだけたくさんの人に支えられできたものなのか。
そんな熱い思いを大切にしたくなるドラマです。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google