【滑舌が悪い人 原因や理由は?】滑舌が良い人と悪い人の差、違いは何?

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

滑舌が悪い人の原因や理由が気になります。
そもそも滑舌が良い人と悪い人の差、違いは
何なのでしょうか。
一般的に滑舌の悪い人は、歯並びの悪さや
骨格が関係しているとも言われているようですが、
一番多い原因、理由がありました。
そんな滑舌が悪い人の原因や理由、
滑舌が悪い人と良い人の差、違いに迫ります。

 

滑舌が悪い人の原因や理由について

20160322001
出典:http://blog.livedoor.jp

滑舌が悪い人の原因や理由は、
歯並びや骨格等、いろいろあるとされていますが、
一番多いものとして「舌小帯の短さ」があるようです。

 

20160322003
出典:http://blog.livedoor.jp

舌小帯とは、下の裏側についている筋のことです。

この舌小帯が短いと、舌が動かしにくいため
言葉が聞き取りづらくなることがあるようです。

また、舌がひっぱられ、可動域が狭くなることで
滑舌が悪くなるのです。

 

 

 舌小帯が短い人の特徴について

20160322005
出典:http://nakamura-d.net

舌小帯が短い人には特徴があります。

あっかんべーをして、舌を真下にだすと
舌小帯が普通の長さの人は、半円になるのに比べ、
舌小帯が短い人は、引っ張られて先が分かれてしまうのです。

 

 

滑舌を良くする方法

20160322000
出典:http://matome.naver.jp

いろいろな方法があるようですが、
ここでは手術をせずに自宅で行える方法をご紹介します。

滑舌を良くするには、舌の筋肉を鍛えることが有効です。
そのためのストレッチがこちら。

1、口を閉じます。トレーニングの最後まで口は閉じています
2、舌を下唇と下歯茎の間にさし込みます
3、舌の先に力を入れて、右端から左端にゆっくり移動します
   もしメトロノームがあれば目盛60で5拍かけて移動します
4、左端までいったら、そのまま力をゆるめずに右端に戻ります
5、以上を3往復みっちり行います
6、3往復終わったら、今度はそのまま上唇と上歯茎の間に移動
7、同じように3往復行います
※引用元:http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2010/05/post-c31c.html

根気よく続けて、滑舌の良い気持ちのいい発音を心がけたいですね。

…………………………………………………………………………………………………………
滑舌が悪い人も良い人も、舌の筋肉を鍛えることでのメリットはたくさんありそうです。
フェイスラインもシャープになり、小顔効果も期待できるのではないでしょうか。
ストレッチをコツコツ続けて、いろんな成果を手に入れたいですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google