【稲垣えみ子 経歴プロフィール】朝日新聞を退社した頭はアフロの独身フリーランサーは節電好き!

芸能 ・TV ・ドラマ

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

稲垣えみ子さんの経歴プロフィールが気になります。
稲垣えみ子さんをご存知ですか。
ニュースステーションや情熱大陸にも出演した元朝日新聞の記者です。
印象的なのは、アフロヘアーの頭。
そして、節電女子としても有名で、電気を極力使わない生活をされています。
これから注目されるであろう稲垣えみ子さんの経歴プロフィールに迫ります。

 

稲垣えみ子さんの経歴プロフィール

20160406010
出典:http://www.asahi.com

稲垣えみ子

年齢:51歳(2016年4月時点)
出身地:愛知県
出身大学:一橋大学社会学部

1987年朝日新聞入社。
高松支局、京都支局、大阪本社で勤務。
大阪本社社会部デスク、週刊朝日編集部等を経て、
2013年に論説委員、編集委員となる。
2015年に退社。

 

論説委員・編集委員とは?

20160406011
【論説委員】
社説を執筆する際、社の意見として執筆するため、
論説委員と呼ばれる専門記者がいる。

報道番組や情報番組へ、コメンテーターとして出演し意見を述べたり、
講演会で講演する記者もいる。

 

【編集委員】
特定の部署に所属せず、専門分野をいかした記事を執筆する記者。
記事は、コラムなど分析の強いものを書くことが多い。

※新聞社においては、論説委員の方が格上に位置づけられている。

 

アフロのきっかけは?

20160406011
出典:http://www.asahi.com

朝日新聞社に勤めていた頃、
アフロのかつらをかぶる機会があり、
周囲から「似合う」と言われたのだとか。

それを思い出し「アフロにしよう」と思い立ったそうです。

美容院は3ヵ月に1度。
ロットは200本使い、仕上がりには6時間もかかるようです。

 

節電生活について

20160406013
節電生活へのきっかけは、東日本大震災による原発事故。
2011年の冬から始まったようです。

暖房や冷蔵庫のない生活をしている稲垣えみ子さん。
電気代は、1ヵ月200円台という信じられない料金となっています。

節電生活を始めて、
「我慢こそがおもしろい」
「電気は偉大である」ということを感じられたようです。

火鉢を頑張ってつけたのに全く暖かくなかったり、
暗闇で手探りの中、もう無理だとパチッとつけた瞬間の明るさ、
様々な経験から、電気は「すばらしい貴重品」だと語っておられます。

…………………………………………………………………………………………………………
稲垣えみ子さんの生き方、なかなか真似できないな、と思います。
想いの強さというか、芯の太さというか、言葉にはしづらい何かを感じます。
魅力的な方だと思います。
それは、稲垣えみ子さんの書く文章にも表れています。
私も何か始めてみよう、小さくとも自分にできること、そんな気持ちになりました。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google