【地震が起きたら、まずやること】揺れを感じたら何をする?やることと準備しておく備え!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

地震が起きたらまずやることを確認しましょう。
揺れを感じたら、まずやることを頭に入れておきたいですね。
また、やることと同時に普段から地震に備え、
準備するものも用意しておくべきです。
日本は地震大国です。
全く他人事ではありません。
地震に対して、正しい知識を持ち、備えましょう。
地震がおきたらまずやることに迫ります。

 

地震が起きたらまずやること

20160414001

「身の安全を確保する」これが最優先となります。
頭を守り、机の下に隠れる等しながら、身の安全を確保してください。

被害が大きいと予測される場合、身の安全が確保できたら、

◆家の中にいる場合
・家族の安否を確認する
・靴(スニーカー)に履き替える
・火元の確認
・お風呂に水を貯める
・外への経路が遮断されていないか確認
※避難所へ避難する際は、ブレーカーを落とす

◆外にいる場合
・高い建物には近づかない
・地面のひび割れに気を付ける
・頭を守りながら避難する

◆車の中にいる場合
・周りに高い建物がないか確認
・車を路肩に移動させる
・鍵をつけたまま非難する

 

地震に準備しておくものは?

20160414002
出典:http://www.pro-bousai.jp

今は、たくさんの防災グッズが販売されています。
ひとつひとつ買い揃えるよりも、便利かもしれません。

◆地震に準備しておくもの
・水(ペットボトル)
・食料(最低3日分)
・懐中電灯
・軍手
・マスク
・帽子
・笛(ホイッスル)
・携帯ラジオ
・雨具
・ゴミ袋
・現金(小銭含む)
・保険証
・常備薬
・メモ筆記具
・家族の写真

現金(小銭含む)について
携帯電話が普及していますが、充電が切れることが予想されます。
10円玉・100円玉といった小銭を用意し、
公衆電話を使用できるように準備しておきましょう。

家族の写真について
万が一、家族と離れ離れになることもあります。
家族の安否を確認する際に家族写真が必要になります。
もしもの為に準備しておきましょう。

帽子について
頭部を守るという以外にも必要な帽子。
避難所生活になるとお風呂に入ることがなかなかできません。
そういった時に、洗えていない髪や姿を人に見られることで
ストレスを感じる人が多くいるようです。
準備しておくと役に立つでしょう。

…………………………………………………………………………………………………………
地震大国日本。
地震は本当に怖いですが、避けようがないものでもあります。
精一杯の備えと正しい知識しか、自分や家族を守る方法はありません。
明日は我が身。
他人事とは決して捉えず、地震に向き合いましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google