【5月病 チェック方法】5月病の症状を診断し、早目の予防と対策を!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

5月病のチェックをしましょう。
5月病をご存知ですか。
皆さん、1度は耳にしたことがあるかと思います。
5月のGW連休明けから、なんとなく気分が落ち込む、
疲れやすい等と感じる方は、是非チェックをしてみましょう。
5月病の症状をしっかり診断して、
早目の予防、そして適切な対策をすることで、
元気に気持ちのよい毎日を過ごしましょう。

 

5月病のチェックをしましょう

20160501001
このような症状がないかチェックしてみましょう。

・気分が落ち込みやすい
・疲れやすい
・集中できない
・食欲がわかない
・眠れない
・マイナス思考になった
・人と会いたくない
・気持ちが焦りがち

思い当たるふしがある方は、5月病の可能性があるかもしれません。

 

あまく見てはいけない5月病!

20160501000
4月に進学や就職、転勤等により新しい環境に移った人が、
適応しようとして頑張った結果、心身共に疲労していき、
やる気が起こらなくなる状態が5月病です。

心や身体がついていかなくなり、周囲からは怠けているように見られる等、
症状を悪化させる場合もあります。

たいていの場合は、一過性のもので1~2ヵ月経つとよくなるとされていますが、
5月病からうつ病になるケースもあるため、決してあまく見てはいけません。

・真面目な人
・几帳面な人
・完璧主義な人
・責任感が強い人
・感情表現が苦手な人 等は、
5月病からうつ病に発展しやすいと言われています。

何をしても楽しくなかったり、興味がわかない状態が続くようであれば要注意です。

 

5月病の予防と対策は?

20160501002
とにかく気分転換をしましょう。
自分にとって、心身共にリラックスできることは何でしょうか。

・趣味でストレス発散
・スポーツで身体を動かす
・ゆっくりお風呂に入る
・好きな音楽や映画を鑑賞する
・旅行に出かける
・友達と会う
・やりたいことを見つける

まず、規則正しい生活を心がけます。
そして、自分の好きなことをすることで、
脳内のセロトニンの分泌が活性化され、ストレスが緩和されていくでしょう。

一人で悩まず、周囲に相談することも大切です。
悪循環になる前に、早い段階で心療内科や精神科を受診しましょう。

…………………………………………………………………………………………………………
何事も軽く捉えてはいけません。
5月病もそのひとつだと思います。
うつ病へと発展してしまう前に、しっかりと予防、対策をしていきましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google