【自律神経の疲れ チェック】疲れの原因である自律神経の乱れを整える方法!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

自律神経の疲れをチェックしましょう。
疲れの原因である自律神経の乱れ。
疲れがとれない方は、自律神経に注目しましょう。
自律神経は、自分でコントロールできないだけに
生活習慣の見直しが必要です。
意識して生活することで、自律神経の乱れを直し、
整えていきましょう。
普段、疲れがなかなかとれないと思われる方は、
チェックしてみましょう。

 

 自律神経の疲労度チェック

20160505000
それではチェックしてみましょう。

01.最近暑がり、寒がりになってきた
02.最近目がショボショボする
03.立っているとすぐ壁にもたれてしまう
04.家族の見ているテレビの音量が大きい、または小さく感じる
05.夜になると、むくみを感じる
06.最近、目覚まし時計をかけても起きられない

いくつ当てはまりましたか。
このテストは、1つでも当てはまっていたら
自律神経の疲れが溜まっている恐れがあります。

3つ、4つ当てはまっている人は、
かなり自律神経が疲れていることになり要注意です。

 

自律神経の疲れは、病気の引き金に

20160505001
自律神経が機能低下をおこすと、血圧の上下や血糖値の調整、
血液のコントロールができにくくなります。

自律神経が弱った状態が長く続いた結果、
高血圧や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクが高くなるのです。

自律神経を日頃から労り、負担をかけ過ぎないことが、
疲れを溜めにくい身体を作るポイントとなります。

 

自律神経を癒す方法

20160505002
【食事】
・鶏むね肉を1日100gを2週間続ける
・寝る3時間前までに夕食を食べる

鶏のむね肉部分にあるイミダゾールジペプチドという抗酸化物質を
人間が摂取すると疲労回復効果が見られたそうです。
熱に強いので調理もしやすく、手間もかかりません。

寝る直前に消化の悪いものを食べると、
吸収、消化を指令する自律神経に負担がかかります。
自律神経がきちんと休めるような状態を作ってあげましょう。

 

20160505003
【お風呂】
・お風呂の温度は39℃

熱いお風呂(42℃程度)は、自律神経にとって辛い環境です。
熱いお風呂は、身体を疲れさせているのです。
人間の身体は思っているよりも温度変化に弱いということを覚えておきましょう。

 

20160505004
【睡眠】
・寝る2時間前から部屋の灯りをオレンジ色にする
・いびきのひどい人は、横向きで抱き枕を使って寝る

夕焼け色を見ることで、身体は寝る準備を始めます。
自律神経が自然と身体を眠る方向に動かせてくれるのです。

いびきは、睡眠中なのに自律神経が働き続ける状態になり、
良い睡眠を妨げてしまいます。
自律神経に残業をさせないようにすることが大事です。
…………………………………………………………………………………………………………
疲れの原因が自律神経の乱れにあるとは、驚きでした。
自律神経は自分でコントロールできませんが、整えようと気をつけることはできます。
自律神経を味方につけて、健康な身体を手に入れましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google