【紫外線対策 避けると浴びる】隠れジミを防ぐ食べ物や日光浴の方法やポイントは?

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

紫外線対策が気になります。
紫外線で隠れジミが気がかりな方は、紫外線を避けることを考えがちですが、
紫外線は浴びることも大切なのです。
隠れジミを防ぐ食べ物を効果的に摂り入れ、
日光浴の方法やポイントをおさえながら、
健康な身体を作っていきましょう。
紫外線対策の注目すべきところは、避けると浴びる。
隠れジミ予防や日光浴に迫ります。

 

 紫外線対策は「避けると浴びる」

20160515000
紫外線は1年中降り注いでおり、どの季節、どの時間帯も存在しています。

とても暑い真夏は、紫外線が一番多いと思われがちですが、
初夏の5月から7月にかけてがピークと言われています。

夏を迎えて紫外線対策をする方もいらっしゃるでしょうが、
それでは遅くなってしまうということです。

紫外線への正しい知識として「避けると浴びる」がポイントになります。
シミやシワ予防として、避ける
ビタミンDの生成として、浴びる
これを意識して生活の中に取り入れていきましょう。

 

 隠れジミ対策ができる食べ物

20160515001
ジュースにすると摂り入れやすいため、お勧めです。

にんじんベースの野菜果物ジュースを1日200mlを
8週間飲み続け、隠れジミが減少したのだそうです。

これは、にんじんに含まれるβ-カロテンが、
肌の新陳代謝を良くし、隠れジミを減らしたと考えられています。

β-カロテンは、そのまま食べるよりジュースにすることで、
吸収率が高まるのです。

 

 日光浴の方法とポイント

20160515002
紫外線UV-Bは、浴びるとビタミンDが体内に生成され、
骨を強くする
と言われています。

紫外線を避けすぎると、骨粗しょう症になることがあるので、
適度な紫外線を浴びることが重要です。

ポイントは、日光浴の時間帯です。
紫外線が弱い10時までと14時以降に15分程度、浴びましょう。

また、手のひらを太陽に向けて日光浴することが勧められています。
手のひらには、シミのもとになるメラニンがほぼ無いため、
シミを気にすることなく日光浴ができるというわけです。

この手のひら日光浴ポーズを実践していきましょう。

…………………………………………………………………………………………………………
紫外線は必要なものですが、過剰に浴びることはお勧めできません。
上手に紫外線とつきあっていくことが大事になってきます。
避けると浴びるをポイントに正しく紫外線対策していきましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google