【ドローン操縦士になるには】資格や免許は?今注目の人気職業はドローンのプロ操縦士!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

ドローンの操縦士になるには資格、免許等、どうすればいいのでしょうか。
昨今、よく聞かれるようになったドローン。
メディアでもよく取り上げられ、事件にもなりました。
そんなドローンの操縦士の需要が増えることが見込まれており、
今注目の人気職業となりつつあります。
ドローンのプロ操縦士になるには、資格や免許が必要なのでしょうか。

 

なぜドローンの操縦士が注目されているの?

20160517000
今とても需要が高まっている人気職業、ドローン操縦士。
ひと昔前では、考えられなかったものです。

ドローンを使った様々なビジネスが生まれており、
ドローン操縦士は、新しいテクノロジー分野で注目されている職業です。

 

ドローン操縦士になるには資格や免許は?

20160517001
出典:https://drone-kentei.com
ドローン操縦士になるために資格や免許は必要ありません。
(2016年6月現在)

しかし、将来的には免許制度にすべきとの声も多数あり、
そのような時代がくるような気もします。

現在では、ドローン検定というものがあり、
こちらは民間団体が審査し、任意で認定する民間の資格となっています。

ドローン検定HP
https://drone-kentei.com/index.html

プロの目安としては、操縦経験50時間以上とも言われており、
スクール等も開校されています。

 

ドローンの特徴や使用用途は?

20160517002
ドローンとは、無人飛行機の総称。
遠隔操作で飛行させることができ、航空機サイズのものから
とても小さいおもちゃのようなものまで、様々なドローンがあります。

ドローンには360度自由に回転するカメラがついていますが、
斜めになってもカメラは動かないため、
安定した綺麗な映像が撮れると評判
です。

これまで農薬散布や特殊な空撮に使われることの多かったドローンですが、
今後は、高くて危険な場所での点検業務や建設現場での測量、配達等、
さらに多方面での活躍が期待されています。

一方で、趣味として楽しむ方も増えることが予想されているため、
きちんとした法整備を望む声も挙がっています。
ルールやマナーを守り、ドローン活動の妨げにならないようにしたいですね。

…………………………………………………………………………………………………………
ドローンは、これからの活躍が期待されているだけに、
正しい知識や技量の習得が必要になってきます。
規則を守り、間違った使用をしないように個人でも気をつけていかなければなりません。
どんどん活用の場が広まっていくであろうドローンに注目ですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google