【目のクマ 原因と治し方】ひどい目のクマを無くす方法や消し方を知って改善しよう!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

目のクマの原因と治し方が気になります。
目のクマで悩まれたことはありますか。
女性は、特に気になる目のクマ。
メイクでも隠しずらいほど、ひどい方もいらっしゃいます。
目のクマができる人とできない人には、どんな違いがあるのでしょうか。
また改善方法、無くす方法や消し方はあるのでしょうか。
そんな目のクマの原因と治し方に迫ります。

 

目のクマができる原因

20160527001
たくさん寝ており、睡眠不足ではないのに目のクマがとれない、
目のクマのせいで不健康に見られる、といった経験をされたことはありませんか。
同性代で平均睡眠時間がほぼ同じでも、目にクマがある人とない人がいます。

目のクマができる原因は、目の周りの筋肉の衰えにあります。

目の周りには、眼輪筋という筋肉があります。
眼輪筋が衰えると、目の周りの血行が悪くなり、血液の色が黒くなります。
目の下の皮膚はおよそ0.6mmと、身体の中でも特に薄いので、
その色が透け、いわゆるクマになるのです。

さらに眼輪筋が衰えると、筋肉がたるみ、目の下に膨らみができます。
その膨らみの下に影ができるので、より黒く見えてしまうのです。

 

なぜ眼輪筋が衰えるのか?

20160527000
眼輪筋が衰える理由のひとつは加齢もありますが、まだ他にもあります。

眼輪筋は、目を閉じる時に使う筋肉です。
なので、長時間、読書やインターネットに没頭する人は、
無意識に目がひらきっぱなしになり、
眼輪筋が衰えるため、クマができてしまうのです。

目の下にクマのある人とない人のまばたきを比べてみても、
クマのない人は眼輪筋が衰えていないので、しっかりと目を閉じていますが、
クマのある人は眼輪筋が衰えているため、まぶたが完全に閉じられていません。

 

眼輪筋は鍛えることができる

20160527002
衰えた眼輪筋は鍛えることができます。

1.目尻を上の方に引っ張り、押さえる
2.目を5秒くらいギューっとつむります
3.押さえを離し、パッと目を開く

これを5回くらい繰り返すことで、眼輪筋が鍛えられます。
目の下のクマが気になる方は、是非お試しください。

…………………………………………………………………………………………………………
普段からよく働いてくれている目。
あまり意識はしませんが、しっかり休めてあげることが必要なのだと感じます。
日頃の感謝の意味も込め、酷使することは避け、上手に労わってあげたいですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google