【虫歯予防と対策】虫歯菌をやっつけて、虫歯の痛みや治療から解放されよう!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

虫歯予防と対策が気になります。
皆さんは虫歯の予防、対策として何かやっているでしょうか。
虫歯ができると痛みから歯医者に通院し、治療をしなければなりません。
費用もかかりますから、時間とお財布の負担もかかります。
まずは、虫歯を作らないこと、予防や対策が必要です。
虫歯菌を作らないように、虫歯の予防と対策をしていきましょう。

 

虫歯のメカニズムとは?

20160611000
口の中には500種類以上の細菌がいるとされています。
その中でも特に虫歯菌と言われているのが、ミュータンス菌です。

このミュータンス菌は、口の中の食べ残しを食べていきます。
食べるとばい菌は、酸を出していきます。
この酸が歯を溶かしていくため、虫歯になってしまうのです。

 

虫歯の原因を知り、予防と対策を!【3歳までが大事】

20160611001
虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。
その後の感染経路は、家族。

3歳までに家族から虫歯菌が移ることで、虫歯になってしまうのです。

例えば、赤ちゃんにキスをしたり、
大人が使った同じスプーンを使いまわして食事をあたえることで、
虫歯菌が赤ちゃんの口に移ってしまうのです。

3歳までに定着する細菌が決まるので、
定着した後は、新しい細菌が入れなくなっています。

つまり、3歳までに虫歯菌がいない口の中ができていれば、
その後、虫歯になりにくいとされています。

 

虫歯の原因を知り、予防と対策を!【唾液が大事】

20160611002
よく噛んで食事をしているかどうかも、虫歯予防と対策につながります。

ものを食べている時には、唾液がでます。
唾液には、虫歯菌の増殖を抑制する抗菌作用があります。
また、唾液は虫歯菌を洗い流してくれるという役目もあります。

つまり、よく噛んで食事をしている方は虫歯が少ないのです。

【唾液分泌量の低下チェック】
□柔らかい食べ物が好き
□人前で話すことが多い
□口を開けて寝ている
□花粉症や鼻炎である
□たばこを吸っている

ひとつでも当てはまる場合は、注意をしましょう。
しかし、唾液は唾液腺のマッサージで増やすことができます。

【唾液腺マッサージ】
食前に、口を閉じて頬のあたりを両手で10回くらい、
円を描くようにマッサージしましょう。

唾液が出にくいなと感じる方は、このマッサージを食前に行いましょう。
マッサージにより唾液の分泌を増やすことができるため、
唾液の抗菌作用、ばい菌を洗い流す作用、これらにより虫歯を防ぐことができます。
…………………………………………………………………………………………………………
3歳までに口の中の細菌が定着してしまうとは驚きでした。
虫歯を防げるなら、家族で気をつけていきたいですね。
唾液腺のマッサージは手軽にできるので、早速取り入れて虫歯予防に努めていきましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google