【猫のひげを切るのはNG】犬のひげと猫のひげの違い!猫は長いひげで空間認識している!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

猫のひげと犬のひげが気になります。
猫のひげを切るのはNG、ダメだということをご存知ですか。
同じひげと一口に言っても、猫のひげと犬のひげには違いがあります。
猫はその長いひげで空間認識をしており、大事な役目を果たしています。
一方、犬の方には空間認識力はありません。
そんな猫のひげと犬のひげの違いに迫ります。

 

? 猫のひげについて

20160612001
猫のひげは切ったらいけない、
なんとなく、そのような認識を持っている方もいるのではないでしょうか。

猫のひげの周りには、知覚神経という神経の装置なるものが
まとわりついており、覆われています。

猫はひげから、情報を得ているというわけです。
要は、猫のひげはセンサーとしての役割を果たしています。

猫のひげが知覚神経を介して受け取っているのは、空間認識能力だと言われています。
猫は、自分の周りの空間がどういう風な空間なのか、
自分に対して周りが狭いのか広いのか、そういったことを猫はすべてひげで感じ取っています。

もちろん視覚も使いますが、猫にとって頼りになるのはひげによる空間認識なのです。

20160612003
猫は狭い通路等を通れるか通れないかをすぐ判断することができます。
ひげが壁に触れた時点でそれを認識するとのこと。

また障害物などを乗り越える際も同じです。
頭や首を上下させて、ひげを障害物に触れさせてその高さを認識します。
それにより、そのまま通れるのか、もっと足や胴体を上げなければならないのか、
ということを判断するのです。

猫は触れられる距離では、目よりもひげをあてにしているのです。

 

犬のひげについて

20160612002
美容院に連れて行き、犬のひげを切られたという経験のある方も
多くいらっしゃるかもしれません。

犬のひげは、知覚神経との繋がりが緩いため、
犬は、あまりひげの動きを自分で感じ取ることができません。
犬のひげは、猫のひげに比べ、センサーとしての役割が弱いのです。

このことからも、猫と犬の空間認識能力に差があることがよくわかりますね。

…………………………………………………………………………………………………………
性能の高いセンサーである猫のひげ。
ひげにより、空間を認識していたとは驚きでした。
そんな大事なひげを切ってしまうことのないよう、気をつけたいですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google