【おにぎりの素とふりかけの違い】同じ具材でも味が違う?違いを知っておいしく食べよう!

情報

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

おにぎりの素とふりかけの違いが気になります。
皆さんは普段、おにぎりの素とふりかけ、どちらをよく使っていますか。
また、使い分けているでしょうか。
同じ具材でも味が違うと言われている、おにぎりの素とふりかけ。
具に大差はありませんが、その違いはどういうところにあるのでしょうか。
そんなおにぎりの素とふりかけの違いに迫ります。

 

おにぎりの素とふりかけの違い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スーパーのふりかけ売り場に行くと、ご飯にかけるふりかけと、
おにぎりを作る時にご飯にまぜるおにぎりの素が置いてあります。

おにぎりの素を使うと全然味が違うと言われる方、
ふりかけも味は変わらないという方、いろいろいらっしゃいます。

どちらも鮭や海苔、ごま等の乾燥した具材をご飯に加えるものですが、
一体どんな差があるのでしょうか。

ご飯に含まれる水分で、具材がもどるかもどらないか、なのです。

つまり、おにぎりの素は、ご飯に含まれる少ない水分で具材の乾燥前の状態にもどりますが、
ふりかけは、ご飯にかけても具材がもどることはありません。

 

なぜこのような違いがあるのか

20160617001
出典:http://www.dashiya.jp

ふりかけは、ご飯にかけた時が一番おいしい状態で、
サクサクとした食感が楽しめます。

おにぎりの素は、お弁当等、おにぎりで使うことが多いので、
時間をかけてもどすことで、より美味しく食べることができるのだそうです。
にぎってから30分後に具材がもどりきり、味が染みわたるように計算されて作られているのです。
冷めても美味しく食べられるということですね。

また、おにぎりの素は、ご飯の水分によって味がぼやけないように、
ふりかけより具材が大きく、味付けも濃くなっています。

つまり、ご飯にかけてすぐ食べるなら、ふりかけ、
お弁当のおにぎりやにぎってから時間をおいて食べるなら、おにぎりの素、
といったところでしょうか。

その時々によって使い分け、一番美味しい状態で食べられるように、
選んでいきたいですね。

…………………………………………………………………………………………………………
これまで、おにぎりの素とふりかけを同じものとして使われていた方も多いかと思います。
おにぎりの素とふりかけ、それぞれに特長がありました。
それらをいかした使い方をして、美味しくいただきましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google