【髪 雨の日に広がる対策】髪のうねりやチリチリがひどい原因を知って梅雨の湿気対策を!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

髪の毛が雨の日に広がる対策が気になります。
雨の日の髪の毛は、うねりやチリチリがでたりと、
なかなかきまらずイライラしますね。
梅雨時期の湿気は、スタイリングの大敵です。
雨の日に髪の毛が広がってしまう原因は何なのでしょうか。
原因を知って、ストレスなくスタイリングしたいですね。
そんな髪の毛が雨の日に広がる対策について迫ります。

 

雨の日に髪の毛が広がる原因は?

20160623001
梅雨時の雨のような湿気が多い日には、髪の毛が広がる方も多いですね。
そんな日は、髪をセットするにも時間がかかります。

しかし、湿気が多い日でも髪の毛があまり広がらず、簡単にまとまる髪質の方もいます。

一体、どのような違いがあるのでしょうか。
それは、髪の毛のキューティクルが傷んでるかどうかなんです。

キューティクルとは、うろこ状に並んだ髪の表面を保護するタンパク質です。
湿度が高い時期には、キューティクルがはがれた場所から水分が入り込み、
髪の毛が膨張し太くなることで、様々な方向に曲がり、全体に広がってしまう
のです。

つまり、キューティクルのある健康的な髪を保てれば、
梅雨時でも髪の毛が広がらないのです。

ちなみに天然パーマの人は、毛髪の断面がだ円形になっていたり、
いびつな形をしているので、水をたくさん含むとさらに形にクセがでてしまい、
よりうねってしまいます。

 

雨の日に髪の毛が広がらない対策

20160623002
キューティクルを保護するテクニックがあります。

寝る前にしっかりブローすることが大事です。
お風呂上がりに髪の毛が濡れたままで夜寝てしまうと、
枕と髪の毛がこすれ、キューティクルがはがれてしまうのです。
健康なキューティクルを保つためには、しっかりと乾かしましょう。

ヘアオイルを使用しましょう。
ヘアオイルとは、髪にツヤや栄養を与えるためのオイルです。
椿油やホホバオイル等、現在さまざまなヘアオイルがありますが、
中でもお勧めなのは、アーモンドオイルです。

髪の毛と同じ成分のオレイン酸が多く含まれているので、髪の毛にも馴染みやすいです。
また、キューティクルを保護しながら余計な水分をブロックしてくれるので、
雨の日でも髪の毛が広がりにくくなります。

 

ヘアオイルの馴染ませ方

20160623003
ヘアオイルを使用していきましょう。
髪の特にうねりが気になる中間から毛先にかけて、つけていきましょう。

生えてから年数も経っているので、キューティクルが欠けていたり、
はがれている場所が増えています。

キューティクルを保護できるように、
髪の毛の流れに沿って馴染ませていってください。

…………………………………………………………………………………………………………
雨の日の髪の毛に悩まされ続けている人も多いのではないでしょうか。
少しでも改善できるなら、諦めることなく自分でケアしていきたいですね。
雨の日のサラサラヘアを目指しましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google