【ノンママ白書 原作やあらすじ】鈴木保奈美主演ドラマのキャストやストーリーは!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

ドラマ ノンママ白書の原作やあらすじが気になります。
鈴木保奈美さん主演ドラマ ノンママ白書が、
フジテレビのオトナの土ドラ枠にて放送されます。
鈴木保奈美さんは18年ぶりの連ドラ主演。
バツイチのアラフィフ女性を演じる鈴木保奈美さん。
その演技に注目が集まります。
そんなドラマ ノンママ白書の原作やあらすじ、キャストに迫ります。

 

ドラマ ノンママ白書の原作やあらすじ

20160628000
出典:http://tokai-tv.com

鈴木保奈美さんの18年ぶり連ドラ主演作「ノンママ白書」。
オトナの土ドラと呼ばれる、フジテレビ土曜日の23:40~0:35枠。
なかなかおもしろい作品が多く注目されているのではないでしょうか。

ノンママ白書は、香山リカさん著(幻冬舎)の
「ノンママという生き方~子のない女はダメですか?~」が連動書籍となっています。
脚本は、伴一彦さん。

NHKでの特集や山口智子さんの雑誌インタビュー等、
子供がいない生き方が取り上げられることが多くなった昨今。
この旬のテーマがテレビドラマとなりました。

 

20160628001
出典:http://topicks.jp

中堅広告代理店勤務の土井玲子(演:鈴木保奈美)は、
49歳のバツイチ、子供はいません。
男女雇用機会均等法が施行されたばかりの1989年入社組。

「女性も男性と同じように働ける時代になりました!後輩のお手本となりなさい!」
仕事か出産か二者択一の時代に・・・

「仕事もしながら、子供を産み育てなさい!」
少子化ストップの波が・・・

「女性管理職を誕生させよ!」
モデルタイプの構築・・・

男女雇用機会均等法が施行され、無我夢中で駆け抜けた20代、30代。
仕事も出産も両方選べる時代ではなかったはずが、ワーキングマザー推進の強風が。
土井玲子のようなノンママ(子供を産まない選択をした女性)は、肩身の狭い立場となる。
そんな中、女性管理職へ抜擢されるのは、土井玲子の年代。
時代が移り変わっていく中で、新しい問題も次々と生まれながら、
なかなか解決策が見つからない社会での土井玲子の奮闘ぶりを描くドラマです。

 

 ドラマ ノンママ白書のキャスト

20160628002
出典:http://contents.oricon.co.jp
土井玲子(演:鈴木保奈美)
49→50歳
バツイチ・ノンママ・企画制作部

 

20160628003
出典:http://www.parfit.co.jp
大野愛美(演:菊池桃子)
49→50歳
未婚・ノンママ・人事部

 

20160628004
出典:http://www.iza.ne.jp
葉山佳代子(演:渡辺真起子)
49→50歳
既婚・ノンママ・フリーライター

 

20160628005
出典:http://topicks.jp
本城司(演:高橋克典)
50→51歳
バツイチ・企画制作部部長

 

20160628006
出典:http://www.iza.ne.jp
野村佳奈(演:内山理名)
34歳
時短の女王・モンスターワーママ

 

20160628007
出典:http://www.ent-mabui.jp
塚本梨々花(演:南沢奈央)
26歳
部員・独身

 

20160628008
出典:http://laughy.jp
佐竹誠(演:三浦祐太朗)
30歳
マスター

取材を通じて親しい仲となった、玲子・愛美・佳代子の三人が
どのような繋がり合いを見せるのか、
そして、取り巻く人間模様がどのように描かれていくのか楽しみですね。

…………………………………………………………………………………………………………
大人の土ドラは、過去にもおもしろい作品が多い枠。
期待値も高まります。
久々のドラマ主演の鈴木保奈美さんの演技にも注目したいですね。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google