【シミのできやすい人 できにくい人】シミのでき方やできるメカニズムを説明!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

シミのできやすい人、できにくい人が気になります。
女性ならシミ対策を一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
シミのでき方やできるメカニズムの説明を読み、
シミの知識を増やしていきたいですね。
そんなシミのできやすい人、できにくい人は一体どんな人なのでしょうか。
シミのできやすい人とできにくい人の違いに迫ります。

 

シミのできやすい人とできにくい人の違いは?

20160708000

 

 

日頃からケアをしっかりしているかどうかだとか、保湿力の違い、
乾燥肌かどうか等と言われているシミのできやすさについて。
シミのできやすい人とできにくい人に違いはあるのでしょうか。

それは、肌がもともと色白か色黒かなのだとか。
色白の人・・・シミができやすい
色黒の人・・・シミができにくい

色白の人が日光に当たると紫外線によってダメージをうけ、
皮膚は炎症を起こしてしまいます。
すると、皮膚の奥にまで炎症が起きないように、
表皮ではメラニンという色素が作られてガードするのです。
そのため、日焼けから数日経つと肌が黒くなるのです。

通常、若い人であればシミができても代謝によって再生され、
メラニンは排出されていき、元の皮膚に戻ります。

しかし、加齢等で肌が老化すると、代謝が悪くなった部分だけ
メラニンを排出することができなくなります。
そうすると、その部分がシミになるというわけです。

 

なぜ色白だとシミができやすいのか?

20160708001
それではなぜ、色白の人はシミができやすいのでしょうか。

色黒の人は、遺伝により元々メラニンを持っているので、
紫外線を浴びても新たに防御のメラニンを作る必要がないのです。

色白の人は防御するものがないため、反応して新しいメラニンを作ります。
回復するために代謝していくわけですが、障害を受けた部分はシミになってしまいます。

つまり、色白の人は色黒の人に比べて、多くのメラニンを作るので
シミができるリスクが高くなるというわけなのです。

元々あるもので防御するのか、ないから作るのかというメカニズムの違い、
やはりメラニンを作らないようにするために、日焼けは大敵となりますね。

…………………………………………………………………………………………………………
シミのできやすいのが色白の人だなんて、考えてもみませんでした。
生まれつきのものですから、変えようのないことです。
しかし、意識することでこれからのシミ予備軍を減らすことはできるはずです。
綺麗な肌を保つためにもしっかりケアしていきましょう。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google