【飲み会 断り方】会社の上司や先輩、同僚や友達の誘いにメールやラインでどう断る?

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

飲み会の上手な断り方が気になります。
会社の上司や先輩、同僚や友達からの飲み会の誘い、
有難くもありますが、気分が乗らない日もあり、
上手な断り方があれば、と思っている方も多いのではないでしょうか。
近年はメールやラインでそのやり取りをすることも多くなったことでしょう。
そんな飲み会の上手な断り方に迫ります。

 

 その場ですぐにはっきりと

20160720001
飲み会の上手な断り方について考える前に、
まず一番手っ取り早く、嘘になりにくい方法があります。

それは、誘われたその場ですぐにはっきりきっぱり断ることです。
この場合の理由はさておき、時間をおくと断り辛さが増すので、
誘われた勢いで断ってしまいましょう。

はっきり伝えることで、欠席というマイナスの印象を少しはぬぐえるはずです。
次回は行く、というつもりで今回はごめんなさい、という気持ちを堂々と伝えましょう。

 

具体的な予定を伝える

20160720002
具体的な予定を伝えることも大事です。
信憑性が増します。

例えば、家族との約束や同級生との飲み会等、
相手を具体的に挙げ、告げることで納得する場合もあります。

前々から決まっていた予定で申し訳ありません、等と
付け加えることで印象も良くなります。

 

次の日が早いから

20160720003
そもそもの理由をその日にする必要はありません。

次の日に大事な予定がある、というのも十分な理由になりますね。
また、次の日の朝が早いので今日は遠慮したい旨を伝えれば、
理解を示してくれる人は多いのではないでしょうか。

忘れてはいけないのは、誘ってもらったお礼をきちんと述べること。
また誘ってもらえるように、関係は円滑にしておきたいものです。

 

断った次は・・・

20160720004
飲み会のお誘いを毎回毎回、断っていたらどうでしょう。
もうお誘いはなくなるかもしれませんね。

そう、何回かに1回は参加するというルールを自分の中で
設けておくのもひとつの方法です。

いつも誘っているのに来ないから、もう誘うのはやめよう、
そう思われると損な気もします。
ほどよい付き合いを心がけましょう。

…………………………………………………………………………………………………………
飲み会で得られるものも多いのでは、と思います。
お酒の席でプラスに働くこと、決して少なくはないですよね。
参加してみると、案外楽しいものなのではないでしょうか。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google