【シングルのスーツとダブルのスーツ】どういう時に使い分けてる?格の差はあるのか!

Ad by google

…………………………………………………………………………………………………………

シングルのスーツとダブルのスーツが気になります。
シングルのスーツとダブルのスーツですが、男性は
どういう時に使い分けているのでしょうか。
一般的にダブルのスーツの方が格が高いイメージがあるようで、
式典や冠婚葬祭等はダブルのスーツで、という考えの方も
多くいるようです。
そんなシングルのスーツとダブルのスーツの違いに迫ります。

 

シングルとダブルのスーツ 2種類あるの?

20160728001
そもそも、なぜシングルのスーツとダブルのスーツの2種類があるのでしょうか。

実は元々、ダブルのスーツは、シングルのスーツを改良したものだったようです。
風が服の中に入ってこないようにと考えられてのこと、いわゆる防寒用というわけです。

シングルのスーツは本人から見て、左が上前に来ています。
しかしその場合、右からの風を防ぐことができません。

ダブルのスーツが誕生した時代は、右も左もどちらも上前にすることができたため、
右側からの風を防ぐなら右を上前に、左側からの風を防ぐなら左を上前にしていたのだとか。
そうすることで防寒用としての役目を果たしていた
というわけです。

 

 ダブルのスーツが作られた理由は?

20160728002
出典:https://jobinfo.me

では、ダブルのスーツが作られた理由は何だったのでしょうか。
スーツは元々、軍服が変化し今の形になったとされています。

18世紀初頭、現在のドイツにあったプロイセン王国の皇帝フリードリヒ2世が、
船や馬に乗っている時に、シングルの軍服だと服の中に風が入り寒くなりやすいので、
風の向きによって、前合わせを変えられるダブルの軍服を作ったのが
始まり
だと言われています。

 

20160728003
出典:http://item.rakuten.co.jp

ダブルのスーツの襟元にある穴。
ここには本来ボタンがあって、左右留められるような構造になっていました。
そうすることで、襟元にも風が入ってこない仕組みになっていたのです。
これは正に、防寒をしていたことの名残だと言えるのではないでしょうか。

…………………………………………………………………………………………………………
シングルのスーツとダブルのスーツは、全くの別物だと思っていましたが、
改良したものだったとは驚きでした。
昔の軍服が変化したと知り、スーツに限らず、いろんな名残のあるものが
その他たくさんあるかもしれないなと感じました。
…………………………………………………………………………………………………………

Ad by google