【パンチ佐藤名言語録】嫁は?プロフは?迷言集!

Ad by google

パンチ佐藤さん。

たくさんの名言(迷言?)語録を残されていますね。

とってもユーモアがあり、おもしろい方です。

一時は、離婚説もあったようですが、実際のところはどうなのでしょう。

 

 

まずは、プロフィールから。

パンチ佐藤さんプロフィール——————–

本名:佐藤和弘(さとうかずひろ)

生年月日:1964年12月3日

年齢:48歳

出身地:神奈川県川崎市

身長:177cm

体重:78kg

————————————————————

 

 

そうでした、パンチ佐藤さん、本名ではありませんよね。

忘れてしまうほどの定着率。

 

さて、いろんな語録を残されているパンチ佐藤さん。

私がすぐに思い出すのは、「自分の心はひとつです」というもの。

こちらのシチュエーションは、有名であるかと思いますが、

当時のオリックス上田監督から指名挨拶の電話がかかってきた際の一言でした。

後にコマーシャルでも使われていましたね。

 

「ロサモタがスタート地点で、手首足首を回しているところでしょうか」

こちらは、キャンプイン前の一言。

ロサモタ選手といえば、ソウル五輪女子マラソンの金メダリスト。

パンチ佐藤さんのこの発言で、また注目されました。

 

そして、キャンプ後に

「スタートした直後にこけちゃったってやつですね。

肘も膝もすりむき、やっとのことで起き上がって国立競技場を一周して外へでたら、

もうロサモタはいなかった」とおっしゃりました。

おもしろいです。

 

 

個人的にパンチ佐藤さん、とても好きなのですが、

是非見ていただきたいのが、ブログです。

そして、そのプロフィール欄。

少しご紹介しますと・・・

最近一番感動したことは:娘の成長・妻の変わらぬ姿勢

子供の頃なりたかった職業は:プロ野球選手かドリフターズ見習い

今の着うたはなんですか:ブルーライト横浜

今一番欲しいものは:家族の健康・減らないクレジットカード

等など、真面目な回答なのでしょうが、私は笑えました。

 

離婚説もあったようですが、とても仲良しのようですね。

娘さんは、レポーターとして活躍しているそうです。

 

最近、テレビでお見かけすることが減ったので残念ですが、

また名言(迷言)をたくさん残していってほしいです。

 

Ad by google