【寒さ対策服装】冷え込みに備える!簡単にできる対策はコレ!

Ad by google

しっかり寒さ対策をしたい冬!
冷え込みが予想されるというニュースを聞く度に慌てていますが、
普段から意識しておくだけで、簡単にできる服装のポイント等、知っておきたいですね。
そんな服装の寒さ対策について、調べてみました。
しっかり対策をして、寒い冬を乗り切りましょう。

 

寒さ対策のポイント

まず、首とつく部位を冷やさないことです。
首、手首、足首
この3つをしっかりおさえるのがポイントです。

まず首には、マフラーやスカーフ。
ハイネックのニット等も効果的ですね。
手首には手袋、足首には靴下やレッグウォーマー、ブーツ等。

20140109004
出典:http://item.rakuten.co.jp

当たり前のようですが、冷たい空気に触れないというのも重要です。
通学通勤の際には、この 「3つの首」をポイントにコーディネートしてみてください。

 

温かい空気をつくる基本

保温効果を期待して、身体にフィットした洋服を選びがちです。
先日テレビでも言っていましたが、身体にピッタリとした洋服は、
身体を締め付けてしまい、血行が悪くなってしまうそうです。
そうなると逆効果。

ある程度ゆとりがあり、身体と洋服の間に空気の層を作らないといけないようです。
動く身体に対して、ほどよくフィットし、伸縮性のあるものがベストだとか。

反対に、肌着は必ず身体にフィットしたものがよいようで、
ムレたり、べとついたりしないものを意識して選ぶといいそうです。
20140109003
出典:http://www.shopch.jp

 

下半身を温めよう

上半身だけでなく、下半身にもポイントはあります。
お腹、腰、足首です。
こちらは、腹巻やタイツ、靴下等で対策します。
貼るカイロも効果ありです。

20140109002
出典:http://www.amazon.co.jp

オフィスでは、なかなか難しいこともあるかと思いますが、
そんな時は、1時間に1回のストレッチを心がけるといいそうです。
身体が冷えにくくなるとか。

 

案外大事な首回り

驚いたのは、首回り
一番寒さを感じやすい部位なのだとか。
下から上がってきた温かい空気を逃がしてしまうのが首回り。
しかし、完全にふさいでしまうと、ムレの原因にもなります。
適度に空気を逃がしてあげるのがコツ。
シルク素材は、保温、通気性共に優れているので、1枚は持っておきたいですね。

20140109001
出典:http://www.catta.net

日頃から、ちょっとした意識で体調も整っていくのだと思います。
風邪知らずで健康に過ごすためにも、冬の寒さ対策を心がけたいですね。

Ad by google