【ばんどう太郎の女将さん】最高のおもてなしレストラン!

情報

Ad by google

ばんどう太郎の女将さんを知っていますか。
ばんどう太郎とは、今注目されている、茨城県に本社をおくファミリーレストランです。
ばんどう太郎でのおもてなしに感動し、感謝のお手紙が後を絶たないそうです。
一体どんなレストランなのでしょうか。

 

ばんどう太郎には、制服を着た従業員の他に、割烹着を着た女将さんがいます。
まずここが、他のファミリーレストランとは違うところですね。
店長という位置づけではなく、接客の長として女将さんをおかれているそうです。
この女将さんの接客が、感動をよんでいるのだとか。

20131118【写真】ばんどう太郎
出典:http://www.bandotaro.co.jp

 

 女将さんができたきっかけは?

そもそもどういうきっかけで、女将さんができたのでしょうか。
各店舗には、もちろん店長と言われる人がいますが、店長は、2、3年で多店舗への異動があります。
店長を目当てに来てくださるお客様がたくさんいらしたそうで、
そういった方は、店長の異動と共にお店から足が遠のいてしまう。

 

そこで、異動もなく長期間お店で接客できる人材として考えられたのが、
地元の女性、主婦の方々の存在でした。
機転の利く、地元のおっかさんを採用しよう、と思い立ったのだとか。

 

 

水戸店の女将さん

20131118001
出典:http://foodwork.jp

物ではなく、言葉で繋がる、素のままが一番とおっしゃっていました。
ご自分が普段つけていらっしゃるノートがあるそうで、
そこには、お客様の似顔絵や特徴、食べ物や味の好み等が書かれていました。
日頃より書き溜めていらっしゃるそうです。
そうすることで、お客様との関係に効果が生まれるのだとか。

覚えててくれた、嬉しい、という言葉をお客様からいただけるわけですね。
やはり、見えないところで努力されているのです。
頭が下がりました。

 

 

今年の3月に行われた経済産業省が主催の「おもてなし経営企業選」。
こちらにも選ばれているそうです。

マニュアル通りでない、自然な接客。
今の時代、その自然な接客を「心地いい」と感じられるお店は、少なくなっているかもしれません。

20131118003
出典:http://www.coco-ejan.com

ばんどう太郎の女将さんの接客はきっと、日頃おかあさんが家で家族と接しているような、
そんな触れあい方なのだろうな、ふとそんなことを感じました。

Ad by google