【小山田浩子の経歴】芥川賞作家のプロフィールは?「穴」「工場」で話題!

情報

Ad by google

 

小山田浩子さんをご存知ですか。
第150回芥川賞を受賞されました。
作品名は 「穴」。
今回、小山田浩子さんを初めて知ったこともあり、経歴やプロフィールを調べてみました。
小説家デビューされてから、まだ日が浅い小山田浩子さんですが、
一体どのような方なのでしょうか。
経歴、プロフィールをどうぞ。

 

小山田浩子さん経歴プロフィール

20140116002
出典:http://www.bunshun.co.jp

小山田 浩子(おやまだ ひろこ)
1983年生まれ
出身地:広島県広島市
出身校:広島大学文学部日本文学科
活動期間:20010年

大学卒業後は、編集プロダクション、大手自動車メーカー子会社、眼鏡販売店に勤務。
現在は、結婚し主婦でもある小山田浩子さん。
生まれも育ちも広島県広島市、現在も広島在住

受賞歴もあり、
2010年 「工場」 第42回新潮新人賞
2013年 「工場」 第26回三島由紀夫賞候補
第30回織田作之助賞受賞

 

 

小山田浩子さん作品について

20140116003
出典:http://www.amazon.co.jp

第150回芥川賞受賞作品がこちら。
「穴」 です。

仕事を辞めて、夫の田舎に移り住んだ夏の出来事。
ある日、奇妙な獣の姿を見かけ、後を追ううちに穴に落ち
そこで体験した異界の話となっています。

 

 

20140116004
出典:http://www.amazon.co.jp

小山田浩子さんのデビュー作 「工場」
前述したように、この作品でも受賞歴があります。

何をつくっているのかは謎である工場。
そんな巨大な工場の敷地にひそむ謎の動物たち。
この工場での日々を三人の従業員の目線で語る話

その他にも 熱帯所の飼育に没頭する金持ちの息子とその妻を描く「ディスカス忌」
心身の失調の末、様々な虫を幻視する女性会社員の話 「いこぼれのむし」 を収録している。

 

 

20140116005
出典:http://mainichi.jp

幅広い年代の方から支持されている小山田浩子さん。
本格的に書き始めた頃は、周りの不思議なことをメモするようにしていたそうです。
そんな視点が、小山田浩子さんの独特な世界観に繋がっているのかもしれませんね。

小説を書こうと思ったきっかけは、ご主人だとか。
書いてみたらと勧めてくれたそうです。
そんなエピソードもなんとも素敵ですね。
これからの作品も楽しみです。

Ad by google